自由

2017年10月24日 23:45

久しぶりに立川で「ほうかごシアター」を観劇。
今日は半年前に見逃した「ブレーメンの音楽隊」

馬が自由を手に入れたとたんに、ハテ?と止まる瞬間が心に留まった。

子どもたちと一緒に観る空間が好き。
両隣の高齢者(手前)の方々が大きな声で劇中歌をうたっていらした。
見ている側が安心して参加できる空間って、ものすごいことよね。
やわらかい空気に、ほよよーんとしたのでした。

***

立川に行くとたいてい寄るパン屋で一息。
好きな本屋で普段見ない本を片っ端から開き、様々なイメージを吸収。
服屋さんで色んな生地を触り、デザインを見、
雑貨屋さんで全国の産地に思いを馳せる。
小旅行気分でしたさ。

帰りに図書館で予約していた資料をゲット。
(締切が何かあったような気がするけど、きっと気のせいだ。)

明後日のコンテのWSに申し込んだ。
今週は何だか忙しい。
自由、自由、自由、かぁ。




スポンサーサイト

メモ

2017年10月20日 00:40

悪い癖で、
人に合わせようとしすぎることがあって、
今、立ち止まり、
森の中でさまよっている感じ。
楽しいってなんだったっけなぁとか
何を極めたいんだろうなぁとか
やっと公演の疲れが抜けて
(相当ダメージあったのですな。あっはっは)
健康になった途端に森の中。
霧、もやもや~ん。そのうち晴れるでしょ。

今日、苦手な人を担当から外してほしいと訴えた。
これだけ書くと何のこっちゃですが、
4か月悩んだ末の、客と言う立場での発言でした。
苦手な人の未来とか考えている場合じゃなくて、
「自分の身は自分で守れ」って小学生たちに教えてきたのに
自分を守れていなかった大人です。
あ~あ。肝っ玉小さい小人です。

稽古場で、好き とか 嫌い とか
はっきり言い切れる大人がかっこよく見えて、
あれもこれも手に入れたいと思う我が身が
とても恥ずかしくなったのも今日。
言い切る事は、我儘じゃないよ、ね。

明日は好きな上着を着て出かけよう。
好きな財布と好きな傘を探そう。
好きな人たちにも会いに行ける余裕を持とう。
年末への加速に巻き込まれず、気合入れてけ、な。

そうそう、先日好きな空間へ出かけたさ。
IMG_1999[1]
客の想像力に委ねた本・演出、好き。

ひとこと詩「ちゆう」

2017年10月05日 22:53

2017年9月に上演した「ちゆう」公演⇒詳細
公演後にご来場いただきましたお客様、出演者、スタッフからの「ひとこと」を紡いで詩をつくりました。
*旧漢字は変換できる漢字へ、また、達筆な文字はこちらでおそらくこうではないか?と推測して入れております。
もし異なるようでしたらご連絡ください。


あの時、浮かんだひとこと。
あの時、あそこに居た、わたし、あなた。
何年か経っても、あの時は同じ。
何年か経って、わたし、あなたは同じ?

さてはて。
それでは、ひとこと詩です。

***

[ひとこと詩「ちゆう」]の続きを読む

メモ

2017年10月03日 14:49

力を抜くというのは、別にサボる事じゃなくて、程よくという感覚なのだけど。

演劇をやっていると、過去の経験から、
バイト先や派遣先、ハローワークやら、上司等、世間一般から
サボるんじゃないか、バックれないか、
そこまで行かなくても
変わり者だという目で見られることはまぁあり、
実績を積むことで信頼関係を構築していくわけだけど、
今回も、
公演期間前後、演劇活動と両立させている仕事で
諸事情によりノーミスを目標とするワタシャ、公演後もがっつり頑張っておりました。
で、
先日ふら~っと、演劇仲間がいらして、お買いものして下さったのだけど、
その後に、
嗚呼、また力の入れ方間違えているなぁと
気付き、反省するのでした。
頑張りすぎている時にふわっと会う確率の高い、あのおっさんは(先輩だった。失礼!)
何者なんだろうなぁ。

3月から準備していた公演が終わって、残務があと少し。
掲げていた目標や課題は結構クリアできている。
さ、11月になったらレッスン受講へ関西に行かれるだろうか。
勇気を出して例の件、復帰出来るだろうか。
あれやこれや、学びたいこと、伝えたいこと多々。

その前に、温泉で溶けたい。

「ちゆう」終演

2017年09月24日 00:23

御陰様で鈴音工房 朗読×音楽公演「ちゆう」
終演しました。

大勢の方にご覧いただき、感謝しております。
ありがとうございました。

現状、演出・女優業は終わりました。
が、
まだプロデューサー業と詩人(?)業と、最終台本作りが残っています。
休むまではしばらく、かかりそうです。

IMG_1989[1]
ご紹介。右手から、
最年少で明るくかっとばして走り抜けた岩坪さん。
作曲でこの5月位から粘り強くやりとりし続けてくださった大河内さん。
芝居も現場も細やかな気遣いで現場を作ってくださった勝部さん。
二日間受付をパーフェクトにまわしてくださった女優の三石さん。
チラシ配布などご協力くださった、23日の受付、小磯さん。
写真には写っていませんが、大好きなチラシデザインをしてくださった青木さん、
コーポリアルマイム(ムーブメントシーン)を細かく見て下さったtarinainanikaの巣山さん、タニアさん、
プリモ芸術工房様、オールスタッフ様、
など、など、など・・・沢山の人にご協力いただき、公演を打つことが出来ました。
至らない点が多く、面倒な想いをさせていなかったかな、とか気にしだすときりがありません・・・。
嗚呼、もう、ただただ、感謝です。

人、人、人・・・
緊張した時に手の平に描くのはなぜでしょうね。
繋がりを信じれば怖くなくなるのでしょうか。

工房はひとりぼっちなので、終演と同時にぴゅーっと孤独な風が吹いてきます。
楽しかった分、その風がとっても寂しいです。
もう少し整理して、受け止めて、ですかね。

ありがとうございましたー!!!

*しばらく御礼の連絡やメールレスが鈍くなります。ご了承くださいませ。