視界

2018年05月08日 22:45

スギ花粉が飛びはじめた頃から視力が落ちたなーと思っていて、
やっと眼科へ行った。

私の祖母は私が生まれたころに目が見えなくなった。
そのため、いつか目が見えなくなったらと時々考える。
しっかり見えるのに、ちょっとでも異変があると眼科へいってしまう。

元々私は視力が良く、
両目1.5の期間が長く、割と見なくてもいいものも見ていた気がする。
ここ数年1.5と1.0など、アンバランスな視力。
そして今日、1.0と1.0になっていた。
病気の兆候は全くなく、老眼はしばらく心配ないそうだ。

ワタシにとっては片目が0.5も低下したから、世界観ががらりと変わっている。
遠くまで把握できた視界が、視力でカバーできないから、
把握しようと全身でアンテナを張っている。
見えなきゃそれでいいのにね。
受け入れるのにしばらく時間がかかりそうです。

祖母に会いに行ったときは、
挨拶は手を振るのではなく、手を握りながらした。
きめの細かい白く滑らかな手の感触を今も覚えている。
耳も遠かったから、何を話してよいのか戸惑っていたな。
今だったら・・・と今思うのだ。
亡くなって何年も経っている。

今日はとても繊細な高校生たちと出会った。
笑顔と真剣な顔とおどけた顔と、と、と、と、
一人一人の顔を見れたから、よしとする。

写真は今日のおやつ。
IMG_2114.jpg



スポンサーサイト

2017年

2018年01月23日 00:07

東京、大雪。
仕事が急遽早上がり。
もう少し早ければぢょんさんのWS行かれたのに。と、泣けてくる。

今さらながら、2017年の振り返り。(自分用のメモです)


[2017年]の続きを読む

メモ

2017年10月20日 00:40

悪い癖で、
人に合わせようとしすぎることがあって、
今、立ち止まり、
森の中でさまよっている感じ。
楽しいってなんだったっけなぁとか
何を極めたいんだろうなぁとか
やっと公演の疲れが抜けて
(相当ダメージあったのですな。あっはっは)
健康になった途端に森の中。
霧、もやもや~ん。そのうち晴れるでしょ。

今日、苦手な人を担当から外してほしいと訴えた。
これだけ書くと何のこっちゃですが、
4か月悩んだ末の、客と言う立場での発言でした。
苦手な人の未来とか考えている場合じゃなくて、
「自分の身は自分で守れ」って小学生たちに教えてきたのに
自分を守れていなかった大人です。
あ~あ。肝っ玉小さい小人です。

稽古場で、好き とか 嫌い とか
はっきり言い切れる大人がかっこよく見えて、
あれもこれも手に入れたいと思う我が身が
とても恥ずかしくなったのも今日。
言い切る事は、我儘じゃないよ、ね。

明日は好きな上着を着て出かけよう。
好きな財布と好きな傘を探そう。
好きな人たちにも会いに行ける余裕を持とう。
年末への加速に巻き込まれず、気合入れてけ、な。

そうそう、先日好きな空間へ出かけたさ。
IMG_1999[1]
客の想像力に委ねた本・演出、好き。

メモ

2017年10月03日 14:49

力を抜くというのは、別にサボる事じゃなくて、程よくという感覚なのだけど。

演劇をやっていると、過去の経験から、
バイト先や派遣先、ハローワークやら、上司等、世間一般から
サボるんじゃないか、バックれないか、
そこまで行かなくても
変わり者だという目で見られることはまぁあり、
実績を積むことで信頼関係を構築していくわけだけど、
今回も、
公演期間前後、演劇活動と両立させている仕事で
諸事情によりノーミスを目標とするワタシャ、公演後もがっつり頑張っておりました。
で、
先日ふら~っと、演劇仲間がいらして、お買いものして下さったのだけど、
その後に、
嗚呼、また力の入れ方間違えているなぁと
気付き、反省するのでした。
頑張りすぎている時にふわっと会う確率の高い、あのおっさんは(先輩だった。失礼!)
何者なんだろうなぁ。

3月から準備していた公演が終わって、残務があと少し。
掲げていた目標や課題は結構クリアできている。
さ、11月になったらレッスン受講へ関西に行かれるだろうか。
勇気を出して例の件、復帰出来るだろうか。
あれやこれや、学びたいこと、伝えたいこと多々。

その前に、温泉で溶けたい。

月は微笑む

2017年06月30日 23:42

一見
太陽とか、向日葵のように明るく見える女性なのだけれど、
実は
お月さまのような人で。
輝いているのだけど、欠けている部分を見せられない人だったのかなぁ
なんて事を
今日の月を見上げて思いましたとさ。
一年ご一緒したけれど、どうだったのかな。
迷惑ばかりかけていた気がする。
最後ばかりは、おばちゃんの私ができることを。
旅立ちを応援する時は、本人が決めた意思を尊重して、
愛を込めて思いっきり蹴り出すのが私流。
この際、愛は伝わらなくてもいいのよ、次のステップに向かってくれれば。
尊敬できる、年下さんとバイバイしましたとさ。

IMG_1891.jpg
怒涛の6月が今日でおわる。
色々ありすぎて2キロ減。
鈴音工房の仕事が停滞している。
写真は先日の息抜き。表参道のカフェの庭。
コッペパーン食べながら、心地よい風に癒されました。