愛だとか愛だとか

2008年03月29日 00:25

つれづれ日記。

①一日はたったの24時間しかなく、起床時間の半分以上を芸名で生活している。
要するに、プライベート放置(苦笑)。

②今日、ようやく鈴音工房関係の諸々がひと段落。
ホッとした。

③鈴音工房の朗読公演でひとこと詩を頂戴するのは今回が三回目。
公演の内容が詩に響くのは毎回のこと。
昨年の12月に台本を書き上げた時、作者としては人類愛はともかく、身近な愛をあまり意識していなかった。
出来上がった詩を見ると、シリアスな部分にプラスして、見事にチュゥーチュゥー言ってて、なんとも可愛らしい。
どこで化学変化が起こったのかなぁなんて色々振り返る。
何だか、楽しい。

④それとは別に、現在5月公演の稽古を連日のようにやっている。
原作はシェイクスピアの「終わりよければすべてよし」
なかなかの純愛コメディ。愛をどう表現するか、形にするかを真剣に考えている。

⑤プライベートそっちのけの私としては、真剣に芸名でない人のことを考えてみる。

⑥考えても仕方がないので、とりあえず、寝る(笑)

⑦あ、とりあえず、美味しいもの食べに行きたい。
さ、明日もハードスケジュールだ(^^;)

スポンサーサイト

ちゆう の詩(うた)

2008年03月27日 00:59

2008年3月22日に行った鈴音工房プロデュース カフェ公演 「ちゆう」

公演詳細>>こちら


終演後みなさまに「ちゆう」をテーマにひとこと詩を書いていただきました。
その言葉を集め、紡ぎ、詩(?)を作りました・・・

やや抽象的な公演だったので、受け取り方が様々だったのでしょうね。

・・・その個性が愛おしく・・・

一人ひとりの輝きが見えますかしら?聴こえますかしら?
耳をぐっとおっきくして(笑)どうぞ音読してお楽しみください。

参加してくださった皆様、すてきな言葉をありがとうございました。



***


「ちゆう」





地有

大空
碧空(へきくう)・高い空に浮かぶ赤い風船

ひとつぶの滴
音楽
ギターの彼が去ってしまう、妻と…
子ども
ともだち
ちゅーぅ♡
知・友…?
花・はな・さくら 色々咲いた
ぷり~ん
はじめてのちゅう
宙を舞う
それは ちゅーでしょう。ちゃー(ちゃっちゃっちゃっ)
kiss(チュウ)して、治癒(ちゆ(う))する、仲に夢中?!
地友
忠義
かびん
猪突猛進
七転び八起き
おいしい
治癒浮 ち・ゆ・う
私的「ちゆう」は「治癒有」=何でも直してしまうケアする力がある

あおぞら
みどりを大事に
よはく
地球が見えない時もある
遊・優・由
はじめての
空の色 土の色 花の色 私の色
智勇


つい、うつらうつらとお午睡…と思ったら すんごいPowerで起こされる
ちゅうされた…。
君の名は

つながる 歓び

知優



***


鈴音工房はいい風が吹いた頃にまた公演を行う予定ですので、ご縁がありましたらお会いしましょう!
その時を楽しみに、”一歩”を踏み出しました。

See you♪

しばしお待ちを~!

2008年03月24日 01:06

「ちゆう」で皆様よりしっかりといただきました言葉を紡いで詩にしております。
むー。
作っては修正し、ねかせ、発酵させ。

しばしお待ちくださーい!



土曜日の本番後、ヨン様は自分の稽古場へ
翌日日曜日の午後から私と里実氏はシアターモーメンツの新作稽古へ。
寿島氏も諸々やっていることでしょう。

休む間もなく、夢中に何かやっているというのはとても幸せだなぁと思います。
今日もありがとう、なのだ!

公演終了!

2008年03月22日 22:48

お蔭様で 鈴音工房プロデュース「ちゆう」の公演は終了しました。

ご来場下さいましたお客様、
支えてくださった友人、家族、
関係者の皆様、
皆様に出会えて本当に良かったなぁ、と思います。

ありがとうございました。

この感謝の滴はどこへいくのでしょうね。


「詩」は、また後日発表しますね。どうぞお楽しみに。

鈴音工房プロデュース 「ちゆう」

2008年03月22日 00:42

鈴音工房プロデュース 朗読×音楽 カフェ公演

「ちゆう」

  ひとつぶの滴は
  冒険のはじまり
  好きな色とココロをつないで

  午後のカフェ
  美味しいお茶とスイーツと
  優しい音楽と朗読と




 ●日時:2008年3月22日(土)13:00開演 16:00開演
             (開場は開演の30分前)

 ●企画・作・演出: 鈴音工房

 ●音楽: TiptopStudio

 ●朗読+演奏: 寿島宅弥・西本浩明・小椋 礼

 ●チラシ水彩画: Yumiko

 ●受付: 高光里実(THEATRE MOMENTS)

 ●料金: 2200円(お茶とスイーツ付/要予約/各回 定員25名)
       二名様以上ご予約いただいた方には、
       オリジナルポストカードを差し上げます。

 ●会場: A.K Labo(吉祥寺より徒歩15分のカフェ)
       >> ホームページ
  >> 楽しい行き方

 ●お申し込み・お問い合わせ >> suzunekoubou@yahoo.co.jp
   こちらもあわせてご覧下さい>>チケットに関して
 


 ******************************

 公演に寄せて・・・

  二年ぶりに鈴音工房の公演をします。
  充電期間を経て、今回は音楽も台本も全てオリジナル。

  「ちゆう」を辞書でひくと智勇。
  ちょっと変えると 中・柱・宙・注・仲 ・・・と広がり
  もう一歩進むと(造語になりますが)地遊・地優にもなり、
  これは面白い!と筆をとったわけです。
  キラキラした世界は誰が、どんな風につくるのかな、と思いつつ。
  
  人に寄り添う楽曲を創造し、音を発信するアーティスト、寿島氏
  やわらかくもダイレクトに心へ響くボイスを持つ役者、西本氏
  そして小椋の三人で音の空間をお届けします。

  場所は自称カフェにうるさい私が徹底的にこだわった
  フランス菓子のお店、A.K LABO(エーケーラボ)。
  ドリンク・ケーキは勿論、パンやスコーンも美味しいお店です。
  この公演用のスイーツを用意してくださることになりました。

  朗読×音楽 + スイーツ
  どうぞお楽しみに。

  お会いできる日をとても楽しみにしております。


          鈴音工房主宰 ・ 小椋 礼

本番前日は

2008年03月21日 22:08

ガオー!

一日変なテンションの小椋です。
いやー。まいったまいった!

カフェのパティシエ・庄司さんとお電話したのですが、何だか美味しそうなスイ~~ツとなっていそうですぞ。
ふっふっふ。

さて・・・


お蔭様で、13時の回は、満員となりました。ありがとうございます!
予定を立てていてまだ申し込んでいないという方がいらっしゃいましたら、是非、16時の回へ。

スイーツを用意していただく都合で、当日券はご用意しておりません。
22日朝の7時をもって締め切りとさせていただきます。よろしくどうぞ。

背中を押される

2008年03月20日 23:13

J-WAVEの朝の別所さんの番組で、「ちゆう」の公演情報が読まれたと、るい姉さんからメールをもらう。姉さん、ありがとう。

うわ~。ラッキーだ。そしてありがたやー。
別所さん、スタッフの方々、ありがとうございます。
そして何より、書き込んでくれた ぽんぬ。ありがとう。

午前、急遽バイトに。
帰り際、観に来てくれるO氏に会う。頑張ってくださいって、サイコーの笑顔で言われた。
ありがとー。頑張るよ~。

午後、下北沢の美容室Foresta’d ESTへ。
髪の毛を、とことんいじっていただく。楽しそうにしている中村さんやあやさんを見ていて、私も楽しかった。もちろん、髪型も素敵に。
いつもいつも、ありがとう。いっつも元気を貰う、大切な空間です。

空き時間、ちょっとした買い物と、まったり。
沢山の人からメールを頂く。
応援メール、ありがとう。

夜、稽古。
ほぼ実寸の広い稽古場にたった三人。
本番に備えた最終稽古。
うまいとか、へたとかは問題じゃなくて、キラキラしたものをお届けしたいな、と演出面でねばる。
アイディアを頂く。
乗る。
飛ぶ。
楽しい時間はあっという間だ。三人で稽古できて楽しかったよ。ありがとう。

余談。
稽古が終わって、稽古場に何故かあった血圧計で、計測。
普段の私の血圧は、低すぎて計れない、もしくは50-85とか。
しかし今日は上が148!
興奮している?緊張している?
落ち着け、私。と雨の中くりくり頭で帰ったとさ。

帰宅したらA.K Laboからメールが。
スイーツの用意がはじまっているようで、楽しみです。

お気に入りの傘で歩く道は、晴天と同じくらい楽しかった雨の一日。
恵みの雨よ、ありがとう。

フル回転

2008年03月19日 23:26

回転をしているのは私ではなく、
我が家のプリンターくんである。

二名様以上のご予約でポストカードを差し上げます。
なんて、言い出したのは私でして、美しく印刷しております。
選べるように5種類用意。
なかなか楽しい作業ですな。

当日使用する印刷物やら何やらも。。。

今日こそはちゃんと爪を磨いて、早めに寝ようと思っていたのに、あ~あ。

明日は夕方にハンパな時間が三時間もある。
どうしようかな、と考えているふりをして、睡魔で回転していないのは頭。

明日は最終稽古。
チャレンジできる最後の時間。攻めの姿勢は崩しませんぞ。

創作は三人で

2008年03月17日 20:28

週末、「ちゆう」の稽古でした。
細かいところをつめたり、イメージを共有したり。

時々無理難題(無茶苦茶?)を言う演出に、ちゃんと答えてくださる共演者は、凄いなぁ、と本当に思う。
本当に思う!(二回も言うなって?)

寿島氏は演出経験者+作曲家+音響=アーティストさんだし、西本氏は作家であり、演出もする役者さん。
デキル男二人!
ひゃ~~~~~
一番わたわたしているのは、私かもしれませんー(苦笑)

今は自宅でパンフ制作中。
本番まであとわずかですわ。
いい意味で、ヘンテコな公演です。あっはは。

チケット。3月17日20:22現在。(状況はいつどう変わるか分かりませんが)
13時の回は残席あとわずか。
16時の回はまだ余裕がございます。


お待ちしていま~す。

人を追う

2008年03月15日 23:16

午前中、みよさんのWSを受講してきた。
知っている人が一人もいない場所で演劇を純粋に楽しんだ貴重な時間。
たったの二時間だったけど、特に難しいことをやったわけでもないのだけれど
長所・短所を客観的に感じられたいい時間だった。

人を追いすぎると、人は逃げる。
人に任せすぎると、人は負担に思う。

加減というのは難しい。
相手から出るエネルギーをまだまだ受け取りきれていないのでは、説明が少なすぎるのでは、または負担をかけすぎているのでは、なんてパワーバランスを考える。考えるほどねじれていくのを感じる。

よりシンプルに。
午後の鈴音工房の稽古ではそんな事を頭の隅で考えながら演出。
不安の泉におぼれるよりも、私は自信の氷の上で遊ぶことを選択した。
この一週間が勝負だな。

夜は別件で頭を抱える。
知力のなさと、文章力のなさと、コンピューター苦手症とが重なり、眼鏡をかけながらうなる。
ガオーッ!

なんてハードな土曜日!
日々、チャレンジ、ですな。うむ。

もう少し、相手をおもいましょう。

今日のご褒美は、スタバのドーナッツ。いまいち!

初通し!

2008年03月12日 00:20

久しぶりに「ちゆう」の稽古でした。

約10日ぶりの稽古だというのに、いきなり初通し!

内容濃いのに、時間的には短いっ。

1時間を越えるかも・・・という予想をはるかに裏切っております。が、丁度いいかな。


やりながら、LIVEだなーと思う、朗読×音楽の稽古。

やりがいのある稽古場って嬉しいわ、ほんと。


出演者三人共、実は多忙なのです。

寿島氏は、先日まで「幸福な王子」の音響オペ。
西本氏は、自身の劇団公演を4月に控えていて、台本を書いたり稽古したり、演出したり。因みに、寿島氏はその音響オペをやるそうだ。

私はといえば、モーメンツの5月の新作公演へ向けて稽古が既に始まっており、台本とにらめっこ。
またしても寿島氏はその音響オペをやるそうだ。

そんな状況の中で、三人は時間を合わせて稽古している。

通常なら、ここで「多忙ですが頑張っています!」とか「あとは時間との戦いです」な~んて書くのだろうけど、今回はそうは思わない。

三人で居ると、何だか、ふわぁ~っとあったかい空気が生まれるのよね。

それが作品に活きているというか。

一歩一歩、着実にやりまっしょい。

今日もありがとうね、ヨンさま、ヒサシマン。


沢山の人に観て、聴いて貰いたいなぁ、と切に思っています。

13時からの公演は残席が少なくなってきています。

各回限定25名様まで。お申し込みはどうぞお早めに。

山場の話、など

2008年03月11日 00:06

花粉症になって、ん?20年?

今年は特にひどくて、強めの薬を飲んでいるのですが、ね、眠い。

移動の電車ではぐっすり寝ている。

本番まで二週間きっているという現実も山場だけれど、その稽古に集中したいのに睡魔と闘っているのって、どうなのよ。

珈琲では戦いが中途半端になりそうなので、明日はハーブティーで勝負するかなぁ。

うりゃっ!
[山場の話、など]の続きを読む

人々

2008年03月07日 23:38

昨日・今日とTHEATRE MOMENTS「幸福な王子」のお手伝いに行ってまいりました。
公演詳細>>こちら

新規オープンの劇場で上演予定だったはずの作品。
しかも東京芸術見本市への出品も兼ねての大切な公演。
上演予定の劇場が約一週間前にしてNGになり、急遽劇場変更しての上演となった。

ふと、大雪でも鬼追いのパフォーマンスを講堂でやりきった「覚悟」と重なる。
事件は、起こったことをぐちぐちいっても仕方がない。どうするか、ということだけ。

アンサンブルを組みつつ、空間を構築する芝居が特徴のモーメンツは、ステージ面積がちょっと変更するだけで大変なことになる。
また、当初予定していた劇場よりも高さがかなり低くなった為、照明さんは特に大変だったのではないか、と思う。(そんな事はひとことももらしていらっしゃらなかったけれど。)
主宰をはじめ、関わるすべての人がそれはそれは大変な思いをしたに違いない。と、推測。

で。
現場はもの凄いパワーだった。

ゲネでは以前の出演者やWS参加者が続々とかけつける。普段より多いうちわのお客さんの中でのゲネプロ。
本番前で忙しいはずの人も駆けつけている。
団結力っていうのかな?再々演の作品の良さに加わって、ふわ~っとあったかいものがより伝わってきた。
良かったから、本当に良かったから拍手をした。


また、初日の今日も、他の劇場で本番中の人が差し入れを持ってくる。
それぞれが、それぞれの想いを持って。
NGになった劇場さんがご挨拶にいらしたり、それを迎え入れた主宰だったり。

開場となり、お客様がいらっしゃる。大勢の人が集まって、初日があけた。

しっかりした劇団員が見本市から帰ってきて、受付をバトンタッチしたので、私は帰宅。
きっといい初日だったのではないかな。



私自身は、受付仕込みをみきぼうさんと一緒にやらせていただいた。
諸々初めてという彼女はとても素直で、一生懸命すぎるくらい仕事をしていた。
真摯な姿に、刺激を受けた。
そして、手を抜くことを教えてしまった(笑)



どんな荒波がどんなタイミングで人生にやってくるかわからない。
それでも目標をしっかり見つめていれば、荒波はチャンスに変えることができる。

少しでも現場に関われてよかったなぁ、と思う。
楽日まで光り輝く現場でありますよう祈っています。

関係者様、ありがとうございました。

***

チケットは、まだ若干あるようですよ。時間のある方、是非お出かけくださいませ。

楽しい道のり

2008年03月04日 18:18

鈴音工房プロデュース「ちゆう」の会場となる A.K Labo への行き方です。
地図はこちら
chizu02--.jpg


●わかりやすい行きかた
吉祥寺駅を出て、パルコの角を右へ曲がる。東急を通り過ぎ、八幡神社の交差点を左へ。
五日市街道沿いをひたすら歩く。(ちょっと不安になるくらい)
「すき家」のとなりにあるのが会場。

●吉祥寺を楽しむ行きかた
寄り道しなければ15分程。
あちこちのお店をのぞきながら向かい、駅から会場まで30分を費やしたプロデューサーです(^^;)

吉祥寺駅中央口を背にして左へ。パルコ方面へ。
ekimae.jpg

パルコの交差点を渡り、NAKAMICHI アーケードの道へ入る
nakamichi-iriguchi.jpg


人通りが多い道。雑貨屋さんや洋服屋さんがいっぱいです。カレー屋と花屋も多いです。
その中をひたすら直進。途中に通過するもの
①吉祥寺本町二郵便局
tocyu-1.jpg


②吉祥寺西公園
tocyu-2.jpg


③100円ローソン そしてNAKAMICHIアーケード 再び登場
tocyu-3.jpg


アーケードをくぐり、少し行くと、右手に
吉祥寺本町四 20 という住所表示を腰の高さに見ます。
それを通り越し、足元に
④ 吉祥寺本町四 20 の住所表示を発見したら これを右折
tocyu-4.jpg


⑤普通の住宅街をまっすぐ五日市街道方面へ歩きます。
お洒落なおうちがちらほらと。
tocyu-5.jpg


⑥小学校が見えたらもうすぐです。
tocyu-6.jpg


車がビュンビュン通る道が五日市街道。右手にすき家。そして左手が会場のカフェです。
cafe.jpg


中へ入るとバターの何ともいい香りがしますよ。
レジでお名前を仰ってくださいね。

カフェには自由に読めるお洒落な本や雑誌があるので、余裕を持ってお出かけくださいませ。

A.K Labo 住所:武蔵野市吉祥寺本町4-25-9

お待ちしていま~す。

cake cake cake!and・・・

2008年03月04日 00:56

先日、母のバースデイでした。
ル・ジャルダン・ゴロワのタワーシュークリームとイチゴバージョンとイチゴのショートケーキを家族で食べました。
フランス料理のテイクアウト専門店。キッシュなどがとても美味しそうに並んでいました。
販売のマスター、渋かったなぁ。
この見た目につられて買ったのよね。あ、ケーキの見た目ね(笑)
ケーキは、半分までは美味しいのだけれど、食べ進むうちに甘いなぁ、と。
1ピースしか食べていないのに、ホールケーキをまるっと食べたような満足感あり。
満腹!ごちそうさまでした~。
200803040013000.jpg



翌日、置きチラシをお願いに都内カフェへ。誘惑に駆られベイクドチーズケーキを食す。
焼きたてのほのかに香るチーズケーキ。贅沢だわ~。
ペロリといただきました。ごちそうさまです。
200803040030000.jpg



帰宅したら、何故かスタバのチョコレートケーキが私を待っていた。
明日、食べようっと。
[cake cake cake!and・・・]の続きを読む

越えるとか越えないとか

2008年03月01日 22:09

舞台をみてきた。

「空白に落ちた男」@ベニサンピット
シュールなストーリーなのに、笑いあり。
ネタだったり、絶妙な間だったり。そして技術やら構成にうわぁ、とやられてしまう。
凄いなぁ、と心底思った。
ただ、もう2シーンくらい削ったの方が(もうちょっと見たいで止めたほうが)私は好みかな。
見終わって、何だかおなかいっぱい。
これはこれで幸せなのだけれど。

「空白」という言葉がストンと音を立てて体に入った。うん。いい時間。


春琴@世田谷パブリックシアター
いい舞台をみていると、そのストーリーを見ているのだけれど、同時に別のことを考える事がある。
これが、それ。
「闇」という言葉を聴いて、その音色を聴いて、あぁ、ここにも同じ考えを持った人たちがいる、と思った。
これも、いい時間。ありがとう。


新しいとか、古いとか、ジャンルとか、壁とか、国境とか。
越えられないのは自分の責任で。
何だか ジュボーボボボ といった感じです、今。

ガオー。
一歩ずつ、だ!と落ち着かせています。