偽・山ガール

2015年10月27日 13:54

10日ほど前、THEATRE MOMENTSの公演を観に行った時、写真家のP様と女優のM嬢とお会いする。
同劇団で約8年前に出演させていただいた頃に出会ったお二方。
P様とはその後鈴音工房の写真を撮っていただき、M嬢とは…かつて喧嘩したような気がするが…「ヘ・ン・シ・ン」で共演と修羅場をくぐり抜けた仲間。
ご縁と、それが続いている事に改めて感謝である。
で、
公演後に涙目のまま(公演がよかったのだ)
宣材写真を撮らないと、いや、撮りたいんだ・・・なんて話になり。
昨日、撮影していただきました。(前置きが長くなった。)

P様に宣材を撮影していただくのは、初!
私は写真を撮られるのが苦手。
緊張したけれど、いざライトの中に立つと楽しくなってしまった。
M嬢は撮影しながらレミゼ唄うし、私は映画・バ○マンの主題歌をスタジオに流すし、
アホなポーズに付き合っていただきつつ、
真面目に、見る、見られる、魅せる、止まる、留まる、留まる、角度、身体の分解など、
トライ&エラーしながら撮っていただきました。
いったい何枚を・・・?
ポーズなど反省するところは多々ありますが、一番の反省点は、化粧でしたね、はい。
山ガールっぽいと言われましたが、ヒール履いていますね。

あー、面白かった。
そして疲れた。
P様、M様、ありがとうございました~。

(遊びポーズの一枚)
10-26-3.jpg  撮影:Prayer
スポンサーサイト

わんこのクリームパンと

2015年10月24日 20:28

18時になると真っ暗。
そうか、秋は深まっていたのだ。
枯れ葉が舞い、ついでに秋花粉も舞い、マスクが手放せない。

FullSizeRender2.jpg

二年前からお世話になっている劇作講座に今年もちょこちょこと通わせていただいている。(まだ二回目)
今まで、劇作家の手助けをする役者部門での参加だったが、今年は書くと宣言してしまった。(撤回もあり~)
最近、色んな人の刺激を受けているからなのだろうな。

写真は、今年から講師になったY氏にいただいた飴。(ごちそうさまでした~)

鈴音工房用の朗読台本とは違い、上演予定すらわからない脚本。
(一応、2月にリーディングはあるが、それはさておき)
元々フィジカルシアターを好むので、書き始めると台詞よりもト書き内のムーブメントやら無言劇が多い。
キャストが決まっていればその人にあてて書けるし、ムーブメントのスタッフにイメージ共有だけして丸投げも出来る。
が、そうではない。
どこまでシンプルに、もしくはどこまで押し付けがましく書くのか。
ト書きのバランスが~困ったよっと。
講座は人様から意見を頂戴できるので、とてもありがたい場。
来週は年末公演のプレ稽古、来月顔合せ予定。
それまでに何とか形を作り、次の講座に持っていきたいが。
ま、気負いすぎず、一息入れながらね。

FullSizeRender_20151024195523c5a.jpg
そんな、近況。

メモ

2015年10月10日 22:51

何気ない稽古場の会話で聞いた言葉。
「床を使う」
ムーブメントをやる時、割と自分で頑張ってしまう方だけど、床や空間と仲良くするのをすっかり忘れていたなぁと思い、早速トライしたら、利き足の片足キープが楽々できて、しかも楽しくて、なんというか、
ホクホクした。

大口叩く割には小心者で、即興もこじんまりとしてしまいがちだけれど、
もっともっと、外側と仲良くして(内側の繊細さも磨いて)いきたいなぁ。

純粋に、楽しめる場があることのありがたさったら。
ケケケ。

恩師

2015年10月03日 22:34

恩師の訃報。
高垣葵先生。
どうにも・・・。

私にとっちゃ、高校の非常勤の先生で、劇団に誘ってくださった先生で、朗読をみっちり仕込んでくださった先生である。
よくわからないけど演劇をもっと勉強したいと言って青年座研究所を検討している旨を伝えたら、バレエの北島先生や今は亡き声楽(ジャズピアニスト)の島田先生を紹介して下さり、セリフや演技や小論文まで面倒を見て下さり、背中を押して下さった先生である。

あれから20年たっちゃいました。
続けていますが、いまだによくわからないままです。
今年になっていろいろ活動をストップしていたら、縁はめぐり、まだ走り続けるようなのですわ。
だらだらやってるとか、言われちゃうのかな。
薄い珈琲飲んでいれば、何か見えてきますかね、先生。

音。間。勘。いただいた宝物は、見えないけれど、今も持っています。

お別れ会が来週あるとのこと。復活の丘で会いましょうね、先生。