想像力の源

2012年08月29日 22:38

この夏、二つのワークショップに参加してきました。

ケネステイラー氏による「ドラマ イン エデュケーション」
昨年の夏に続いて二回目。
教育におけるドラマの重要性への気づき、そして人の心を動かすその力を非常に考えた3日間でした。
DIEの皆様、ありがとうございました!!


山田ラボ「半歩先へ進むためのワークショップ」
ほぼハジメマシテさんの中での受講4日間。(これって珍しいことなのだ)
5月からかなり籠っていたので、ハジメマシテさんのところへ飛び込む行為自体が、私にとっては半歩進んだわけで。
講師をはじめ参加者の皆様が優しくて、かなり自由にplayさせていただきました。
色々あって、頑丈にロックされていた想像力の扉が少し開き、
知らない人の中でも、イメージする楽しさ、それを表現する面白さに触れ、元に戻った感を得たのが大きな収穫。
ありがとうございました~!



二つが終わるか終わらないくらいから表現教育関係の仕事がどわっと。
今度は人前に立つ立場。
参加者の想像力と出会うべく、プログラムを丁寧に練ったつもりでも、まだまだ雑で。
うーんうーんと唸っておりましたが、ふと気づく。
想像力の源は、リラックスした状態だと。
危うく「やらなくちゃ!!」モードで9月に入るところでした。

さ。楽しんでいくぞー。
明日は小林座の打ち合わせだ。
他のプログラムも本番ギリギリまで粘るぞー。
やっほいほいっ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/1023-d17303f6
    この記事へのトラックバック