2012年

2012年12月30日 14:01

自分用のメモ。



年明けには一作品出演と一つのWSファシリテーターしか決まっていなかったのが、ありがたいことに色々な作品と、沢山の人と関わらせていただいた。




劇団天才ホテルの関係で2月「成田エアポート」@新国立劇場稽古場 へ出演。
そして3月、ミュージカル「83days」@王子小劇場へ出演。
JCOの事故をテーマにした公演で、原発問題を片っ端から調べた。
この作品、一生忘れない。原発事故、風化させちゃいけない、絶対に。

マメラボ。公演 音楽劇「みえっぱりの王様といじっぱりの猫のはなし」
3月の公演は脚本のみで参加。
5月のAPOCシアターでの公演へ出演。
その後、思うところあってマメラボ。を脱退。
マメラボ。は夏から秋にかけて被災地などで公演を行ったそうです。
脱退しても作品は生きている。不思議な感じ。

2月、ワークショップデザイナーによるイベント「ワークショップピクニック」で『ぽかぽかしよう』のWSファシリテーター。

梅雨~夏に著作権問題であれやこれや。
アボカドちゃん、枯れる。


夏~秋にかけて表現教育ラッシュ。
表現教育のみの現場もあれば、学芸会の発表に向けた授業の学校もあり。演劇部指導も。
プログラムと各学校・各学年の台本を多数抱えた。
どこの現場でも共通していたのは、演劇に本気なおとなでいること。


学びの現場へも色々でかけた。
芸団協の米屋さんの講演、青学の苅宿先生の講演を拝聴。
シアターモーメンツWS、ケネステイラー氏のWS、山田宏平さんのWSを受講。
どれも宝石のような時間。

11月、12月とシアターカンパニーOrt.d-dの作品へ参加させていただく。
群読「走れメロス」「星の王子さま」
芝居「銀河鉄道の夜」
本気で芝居していい、ありがたい現場だった。
色んな所に着火したらしく、今、ものすごく芝居したい。


来年、鈴音工房の公演を打ちたい。
何故かタイトルだけ決まっている。
どこでやるか、考え中。
どうやら今年、鈴音工房10周年だったようだ。ま、いっか。


やりたいこと=やれること とは限らないけれど、できることを一つずつ。
コツコツやっているつもりが、いつの間にか“ガツガツ”していた2012年後半。
沢山の人の影響や、応援を受けてのこと。
そして次。その勢いで、とぶ。

ひょーーーーーい。

写真
写真は和歌山産みかんの種からすくすく育っている“わかやまちゃん”。
雑草を放っておいたらそちらもすくすく。
サクラソウのような…。


2012年もあとわずか。
よいお年を♪

とりあえず…風邪を治そう。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/1049-8bf4e16a
    この記事へのトラックバック