2013年01月07日 00:14

お正月から働き詰めで、やっと休日。

初詣。
お参り後、鈴の音が聴こえる。
お守りと並んでいた、キーホルダーのような小さな牛の鈴と目があう。
いい年にしたいねぇ。
・・・・・・・返事は鈴の音。(また物と会話してしまった。)

その後、休日診療の病院へ。
年末からいろいろこじらせた結果だ。
ちっとも健康でない体は、健康に生きたいという欲求を出すから面白い。
診療後、薬局で処方箋と一緒に“巳”のキーホルダー、年初めの縁起物をいただく。
鈴ー澄んだ音ー嬉し。


思うところあって、年末から戦争の歴史を紐解いている。
元々歴史の授業が大嫌いな上、中学でも高校でも明治時代以降はプリント配ってすっ飛ばす授業を受けたもので、近代史にめっぽう弱いのだ。
年号を覚えたり、時代と人物が一致しなかったりは私の中では当たり前。
所詮他人事だから覚えられないのが歴史嫌いの理由だ。
が、まぁ、立場だったり一歳違うだけで敬語を使ったり、気をきかせたりする人の感覚。
見たことのない過去=歴史の世界にも当然それはあったでしょう。
そんな事を思い始めたら「現代」は何で成り立っているのかをキーに、
ぐるぐると想いはめぐる。
そこにどんな音がしていたか、ひたすら耳をすます。
いい音だけじゃない。


手元には牛の鈴。
未来に残したい、やわらかい音がする。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)