スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存在

2013年03月29日 16:32

昨日、下北沢へ行った。
小田急が地下化して初。
違和感を感じるホーム。
マチ が、 変わっていくということか。

地上に出て、開かずの踏切だった元線路を通った。
今は自由に通れる道。
かつての待ち時間は何だったのだろうか。
電車は地下へ。二度とこの線路を通ることはない。

駅前劇場でOrt-d.d「わが友ヒットラー」を観劇。
対面の客席。
幅広い年齢層のひと、ひと、ひと を、見る。
おそらくは、同時に見られている。
マスクに落書きしておけばよかった。

三島の作品を倉迫氏が演出。4人の俳優が膨大な台詞に挑んでいる。
舞台の傾斜・照明の色・化粧・衣裳・美しい日本語・ただならぬ出来事
違和感の掛け合い。相乗効果。
ステイタスが上だと人は満足するのだろうか。友情を大切にすると人は生きていけるのだろうか。
混沌とした時代を見てしまった。
かつて歴史上存在していたその人たちはもういない。
…あの白い道は、今にも通じているのではないか。
今もひどい傾斜なのではないか。
ワタシタチ は、今、傍観者なのだろうか、それともステージに乗っているのだろうか。

終演後、飲み会に参加。
名前を知らない人たちに交じって沢山話し、笑った。
いい舞台を見た後は最高に楽しかった。

終電近く。ホームに違和感を感じつつ、電車に乗る。
東京にいるんだなぁ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。