身体と声と

2013年10月25日 21:35

昨日は稽古でした。
夜稽古だったので、稽古場近くの ちょー(×2)美味しいパン屋さんで大納言フランスとポテトとほうれん草のデニッシュを買って、稽古場で頬張る。
美味しく てちょー(×5)テンションあがる。

テンションって結構重要で、上がっていると稽古の中身がギュッとウっとプワッとする。(どんなだー!)

テンションとは真逆に、疲れ切って寝不足の身体を40分かけてほぐして、20分かけて発声。
声が調子いい。本人がびっくりするほど。
「ときどき空を見上げる」を止め通しで読む。
11月公演の空間を意識しながら読むと、9月にやった時とは全く違う読みが出てくるから不思議。
身体がほぐれていて、発想も自由で、声に乗る。この繋がりが

おもしろーい。

9月と同じことをやろうと思わない。というか、思えない。
新たな空間、新たな人と、作品を紡ぐ。本番が楽しみだ~。

11月、松山公演の詳細はこちら >> 鈴音工房HP

るーるるん。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)