形にする

2014年04月09日 23:05

表現教育の報告書を先日頂戴しました。
学校で授業したプログラムを1月・2月に研究会で取り上げていただき、様々な角度からご意見を頂戴した。
それが、冊子という形になって手元にある。

授業がどうとか、というのはさておき。

形には見えない授業というものが、見えるもの-資料になっているって面白いな、と思ったのですわ。
(演劇ー特に役者業の方ねーやファシリテーターをやっていると、いかにシェアする人の記憶に残すかを追及しているところがあって、形に残すということはあまり考えなかったのですわ、私の場合。)

あまりにも面白かったので、
表現教育の授業用に書き下ろしたプログラムを、何とか形に出来ないかと模索しまして。
3月末からトライ。
今日やっと短編ストーリーの形になりました。
もう少し手を加えた方が面白いかな、とか欲が出て、時間を置いて戯曲化してみようとか思っています。
今はひとり遊び状態ですが、そのうち表に出せる日が来たらいいなぁと思いつつ。

そんな感じで、最近ごそごそしています。
間もなく7月の公演へ向けて改稿が始まるかな。(公演詳細お待ちください)

自分の発想に責任もって動くのは、本当に面白い。
うひひ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)