鈴音工房・モンブランわーくしょっぷ終了

2014年10月26日 20:32

鈴音工房わーくしょっぷ「モンブランを登頂する」
本日、終りました。
参加者のみなさま、A.K Laboさま、
そして背中を押して下さった方々、ありがとうございました。

IMG_0839.jpg



秋晴れの空の下、会場にはにこやかな時間が流れました。
飲食含め65分でプランしていた内容が、20分オーバーの85分。
もっと内容を削ってもよかったな、と個人的に反省・・・。

しかしまぁ、とても集中し、よく笑いました。
全員、手作業とトークとほぼ同時進行。
IMG_0846.jpg
(みんなで創作したモンブランの図)

もやもやと浮かんだイメージを人と一緒に描いたり話したりするのは面白いですね。
新しいイメージを捕まえたり、手が勝手に動いていたり。
自分の楽しい感覚を捉える事は、日々を過ごす中でとても重要なのではないかな、と私は思います。


わーくしょっぷ。そしてもう一つのメイン。おやつ・モンブラン!
IMG_0841.jpg
(上から)

IMG_0842.jpg
(横から)

全員、一皿をぺろり。おかわり欲しいの声もありました。
わーくしょっぷ用につくっていただいたプレートおやつ。
パティシエさんのイメージされたモンブラン‐デザイン、味、食感を夢中になって頬張りました。

みなさまありがとうございました。

***

感覚を広げるとか、他人と楽しく過ごすって抵抗ある人は多いと思うのです、文字で読むと。
実際やってみると、小さな発見があって、
それは、週明けの仕事の活力だったり、何かあった際のパワーの源になったりするのではないかな、と私は思うのです。
きらきら わくわく ほのほの。
またよい風を吹かせましょ。

鈴音工房では出張わーくしょっぷや公演を承ります。気軽に声をかけてくださいね。





スポンサーサイト


コメント

  1. kiki | URL | SRwvz7vA

    私の山づくりにあったのは、完成の、こんな風、がぽつんとあるだけで、それが意図する表現は全く無くて、ただただザクザクする行為がおもしろくておもしろくて

    なので、出来上がりに向けられた言葉は、へぇーそんな風に見えるのかぁ
    ものの意味は、見る人がつけるのだなぁ(笑)、と

    動きが醸し出すものを直感で捉える以外、テーマや意味を見出そうと何かを鑑賞することはほとんど無く、常に対象を受けての自分の内側にしか向いていないのです

    が・・・

    つくったものを掲げた時に目撃した皆の声色や表情や視線や時間は、言葉を超える、なによりの感想体験でした


    時間はあっという間のオーバー
    でも、次の予定に遅れることなく無事到着できました☆

    次の創作ではない場でもそうだったのですが、エンジンがかかるまでの助走は、ほんと必要で、それがこなせる身軽さに意味は無いと思っていて、その場を上手くやり過ごせることにも意味は無いと思っていて、だから劣等感も無く、ゆらりゆらり、あるか無いかのスイッチを探ることなく、ただ漠然と自分を待つのですが(笑)

    時間や他人の常識感覚と摩擦する現実社会では、許され難いあり方ゆえ、ギシギシ限界をむかえていたのですけれど、高揚できたカラダに、まだまだ死んでない、と思えました(笑)

    人に刺激されての、通じた感触の、交わりの、更なる、転がり

    贅沢なメンバーと人数での体験(*^_^*)ありがとうございました


    あ、質問されたお気に入りカフェ、ずっと考えていました(笑)
    渋谷の茶鍋カフェの白玉生麩あんみつの寒天の食感が超美味☆です
    生クリームもカリカリのあられも、幸せ過ぎてヘナヘナになります(笑)

  2. すずね | URL | SFo5/nok

    >kikiさま

    ご参加ありがとうございました。
    ギシギシからザクザクへようこそ。
    山頂からの眺めを知ると、下山してからの眺めは登山前とはちょっとだけ違うのかも。
    また、いい風が吹いた頃にお会いしましょう!

    オススメカフェをありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/1205-d932c268
この記事へのトラックバック