凹む、のち。

2014年10月31日 22:04

演劇×教育関係の仕事で、昨年から時々高校へ行かせてもらっています。
今までは、ベースとなるプログラムを進行するファシリテーターだったり、
フリープログラムのアシスタントをしながら学ばせていただいたのですが、
先日からお引き受けしたのは、プログラムを組むところからのメインファシリテータ。

慣れない仕事は、毎度のように胃が痛く唇カサカサになります。(苦笑)

初回を終え、反省するところはし、出来たところもあり
       ・・・この仕事に正解やゴールはないですからなぁ。
次回へ向けて数週間。
生徒一人ひとりの可能性を考え始めると止まらなくて。
お風呂は長くなるわ、布団の中で考えるわ・・・。
寝不足です。
相変わらず、自身の切り替えが下手っぴですわ。

私は高校生の時の教室で過ごした記憶があまりなく、相当ボーッとしていました。
ギターをさわり、歌をうたい、作詞で認められる。演劇部は1ステのみ。
ステンドグラスでガラスをカットする感覚、繋げる感覚を覚え、
文化祭でチョコバナナ店の裏でひたすら割り箸をバナナにさしていた。
自分の事はわからないけど、地味だったのではないかなぁ。
好きなことをひたすら模索していたような。

今、私が関わる高校生はどうなんだろうな。
変わってないもの。変わっている事。もう少し近い目線でいたくなった。
とりあえず、学びの一つとして、図書館で目についたものを手に取る。

幕が上がる幕が上がる
(2012/11/08)
平田 オリザ

商品詳細を見る


桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
(2010/02/05)
朝井 リョウ

商品詳細を見る


学校という「世界」は、小さいとも捉えられるし、社会の縮図とも捉えられる。
次回のWS授業へ向け、ドキドキとわくわくはつづく。

今日は、寝よう・・・。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/1206-85d3d1cf
    この記事へのトラックバック