年の瀬に

2015年12月30日 17:52

2015年さいごの独り言。

とても不安定な一年だったし、苦しかった。
この生活は来年春ごろまで続くだろう。
私にとってバランスが悪かったものを片っ端から整理整頓した。
モノだけでなく、人や仕事も整理整頓。
私は世界の中心ではないので(当たり前だ)、私がいなくても仕事は回る。
自分の身を自分で守る方法を未だによくわかっていない大人はどうしようもない。
だから、行動したのだろうなぁ、と今になって思う。
できること、出来ないこと。本当は出来るのに諦めていること。
どうしたいのか、問いを何度も繰り返し、今も続いている。
答えは複数。その先にある感覚を、今、つかみかけている。

疎遠になっていた人に会いに行ったり、よく睡眠をとったり。
力むことや、いらない仮面をポイッとした。
それらの結果、
少しだけ、脱力を手にした。この収穫は大きい。
また、コーポリアルマイムの巣山さんとタニアさんと出会った。
20年前に4年ほど学んでいたミームとかなり近い分野。
学び、学び直して今だからわかることや応用を体得している。
その専門家にな(れ)るわけではないが、その応用の専門性は来年も磨きたい。

中途半端なところと関わると、中途半端な結果しか生まない。
特に予算による妥協は大敵。
ちゃんと身体にも心にもよいものを選んで行こうと改めて学ぶ。


年の瀬に、ポーラ美術館へ行った。
時代を、時間を、思想を突き付ける芸術に触れた。
今見ているものや、今伝えたい感覚は、十分に切り取れるぞ、と納得。
芸術は、目に見えないものを沢山含んで見る者に伝えてくる。
すごい本物。

そして自然は、あるがままの姿でどーんと迫ってくる。
これも本物。

どちらも好き。

IMG_1393.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)