2017/02/11 (Sat) 場所と大きさと

疲れ切った身体に鞭打って、朝から知らない街で演劇をみる。
純粋な人形劇を見るのは、初めて?小学生以来?かな。

ホールの客席使いを限定して魅せた小さな人形の「メヌエット」。
このスペースでこのサイズかいっ!と突っ込みたくなったが、
素敵な作品だった。カフェで観たいなぁ。

幕の中に移動して観た「ねずみ女房」。
いい作品なだけに、客席に段差が無くて、見づらいシーンが多々。
現場での都合はあるのでしょうが、嗚呼もったいない!
原作と脚本の比較をやってみたいなぁと思う作品だった。
人形劇の役者の声量への疑問、歌う時の姿勢による音程のずれ、
そうなる理由があるのだろう。
舞台セットの中でどうやっているのかなぁと気になった。

知らない世界を覗く事、先輩方の現場で観て学ぶこと、本当に刺激的だ。
面白かった。
客席には先生やら共演者やら。
劇場で本当によくお会いするKさんとお話する。でへ。

約一ヶ月ぶりにコーポリアルマイムの稽古へ。
鈍った身体に鞭を打つ。
仲間の一人が遠くへ引っ越すそうで・・・寂しい。

下北沢で息抜き。
駅前で演劇祭の某劇団のコンサート。
野外での程よい長さ。ホッカイロ配るあたり、心遣いが嬉しい。
半袖の出演者や、チラシ配っているスタッフさんの方がよっぽど寒いでしょうに。

午前に見た人形劇はとても繊細。コンサートはエネルギー放出観満載!
どちらも演劇。それ以外も演劇。ほいほいっと。

帰宅してアボカドをわさび醤油で食べる。
エネルギーチャージして明日も頑張る。
それにしても「ねずみ女房」に出てくる亭主はサイテーだった!

IMG_1812[1]

スポンサーサイト

演劇 | trackback(0) | comment(0) |


<<古本屋にて | TOP | おしまいとはじまり>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/1331-6126a4c3

| TOP |

プロフィール

鈴音 彩子

Author:鈴音 彩子
えんげき人

鈴音工房 主宰

詳細は鈴音工房HPをご覧下さい
http://www.geocities.jp/suzunekoubou/

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム