CHAMPION

2008年02月18日 21:34

2008年2月16日(土)後楽園ホールへ出かける。
ボクサー佐々木基樹氏の試合を見る為に。

200802162213000.jpg


高校の同級生なのだ。
ひょんな事で新宿の交差点で再会。ジャージ姿だったから何やってるの?と聞いたら、これから府中まで走って帰るんだ。と。
何年も前の会話が未だに忘れられない。


さて、試合は東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
そう、タイトルマッチなのだ。

受付で一人ひとりの名前を書いた封筒と、サインチケットと熱い想いを綴った手紙+MAX coffeeをいただく。
チケットを用意する作業は役者もあるわけで、それが本番前にどんなに手間がかかるかも分かる訳で。なんと370人彼は呼んだ訳で・・・。

席で手紙を読んだら、うるうるときてしまった。
夢を追いかける人間の「覚悟」とか「熱意」そして人柄なのだな、温かさがじわりと伝わって。

200802162214000.jpg


ホールは超満員。
32歳の肉体で戦うって想像もつかないような痛みも激しさも苛立ちもあるんだろうな。
でも、この年齢だからできることもあるのかな、なんて思いながら試合を待つ。

200802162317000.jpg


ボクシングのことは、正直、よくわからない私です。
詳細はこちらへどうぞ
>>http://sasakimotoki.com/

関連記事はこちら
>>日刊スポーツ
>>スポーツ報知

試合を見ていて思ったのは、
チャレンジャーである彼のハートの素晴らしさ。
もの凄い集中力だったし、自分を信じる強さと、実力と。
とても楽しそうに試合をしているように見えた。

途中のラウンドで相手を倒した時、思わず立ち上がってしまった。
こっちも声が出なくなるくらい、夢中で見ていた。

6ラウンドでTKO勝ち

彼はリングで叫んでいた。
とてもかっこよかった。
夢追い人ではなく、彼は現実に手に入れている。

祝・チャンピオン!

ヒーローインタビューというのかな?試合後、マイクを通したものだったけれど声を聴いた。
肉体を厳しく鍛え上げたものしか出ない声。
軽いようで、ややハスキーのような、芯の太い声。
話している内容も素晴らしかったけど、その声に、さらに聞きほれた。

心よりおめでとう!
そして
素敵な時間をありがとう。
スポンサーサイト


コメント

  1. madoka | URL | -

    いいね。
    礼とボクシングがなかなか絵として繋がらないんだけど、
    中に流れているものは似ているのかもしれないね。

    情熱。
    情熱か。

  2. 佐々木基樹 | URL | Brc.rf9A

    ありがとう!

    まごうことなき本人です。

    応援ありがとう!

    ブログにも書いてくれてありがとう!

    役者と同じく、応援してくれる人の後押しがあってこそ、俺はできるよ。

    これからもよろしくね。

  3. Chihiro | URL | -

    凄い!

    ボクサー佐々木君の話はよく小椋から聞いていたものの、ウェブサイトを見に行ったのは初めてでした。新聞記事もあわせ引き込まれて読みふける。

    ふぁお。。。いやあ、凄いね。。。本当におめでとうございます!!!

    小椋、リンク感謝。女一人でもこれは見に行かねばって感じですね。

  4. 礼 | URL | SFo5/nok

    >madoka さま
    いいのよー(^^)

    昨年末から、「情熱」に敏感です。よくお気付きに。
    あ、蕎麦屋さん、ちょっと待ってね。スケジュールに追われてるの。今追っかける側にまわってやる!!と、気合入れて追いかけっこ中。


    >佐々木基樹 さま
    おお。本人登場だ!(嬉)
    こちらこそパワーをありがとう。
    今後ともどうぞよろしくです!


    >Chihiro さま
    誇りに思える同級生の一人だね。
    前回行った時は別の同級生と一緒だったのだけど、今回はつかまらなくてね~。
    女一人で後楽園ホールへ行くのは結構勇気がいるのよ。でも気がつくと応援で叫んでる。発声はまかせろってコトで(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/377-ac4b1a75
この記事へのトラックバック