照らす

2008年05月25日 22:32

土曜夜はTAICHI-KIKAKUのWS。
随分とお世話になっているWSのうちの一つだ。
演劇を通して、想像の世界を体験する。
とても面白い。

自ら生み出したKeyは
「光」そして「照らす」

演劇をやってきて、自ら輝く術やら空間意識やコミュニケーションを随分教わった。
主にメソッドによるもの。
必死になって学んだけど、小さな違和感を覚えていた。
それが、Keyによって少し見えた貴重な瞬間だった。
WS後、色んな方々とお話したかったが、翌日が早朝起床なので後ろ髪をひかれるおもいで帰宅。


日曜日はあつぎテアトロの演出。
九時から五時までという学校並みのスケジュール。
優秀なスタッフ陣(出来る男二人とプリティな助手一人・笑)に囲まれ、諸々没頭させていただく。
ほんわかした人たちに囲まれ、素敵な本を頂いたので、イメージが溢れ出して困る!!
ガオー。

舞台空間はどうすれば面白くなるか、抜粋台本を手に小さなアーティストたちと一緒に考える。
先週に比べ、彼女たちは変わりつつある。


昨日感じた違和感を越えるKeyはここにもある。
答えは既に見えている気もするので進むしかないなぁ。

ギャオー。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/420-562afec3
    この記事へのトラックバック