アカリ

2008年11月01日 00:17

明治神宮のライトアップ「アカリウム
奉納舞。
アートの原点は、祈りや、捧げることなのよね、と伊勢参りの時と同じくして思う。
素晴らしい日舞と邦楽だった。

キンキンに冷えた体で神田へ移動。
ardyの舞台を拝見。

この人に会えるかなーと思っていた人がやはり観にいらしていて、パチリパチリと写真を撮っていらした。
あの舞台を彼のフレームはどんな風に捉えたのかしら。
とても気になっている。


同日の昼間。親友と食事。
いい意味で、出たとこ勝負でやっている彼女は、とても自然体。
その輝きを素敵だなぁと改めて思った。


話は戻り。
夜の明治神宮はとても綺麗。そして怖かった。

アカリは人を導く。
闇は人を惑わす?

どちらも同居している、私の中にも、ヒトの中にも、街や自然の中にも。
道しるべの軸となるのは、何なのかな。

帰り道、ardy公演や母親となった親友とまっさらな子どものことを思いながらウトウトとまどろみましたとさ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/491-7769ba25
    この記事へのトラックバック