人の魅力

2009年05月16日 22:04

ここ数日FICTIONという劇団さんの「劇のつくられ方」というWSに参加させていただいている。

この間のキリコラージュさんのコンテンポラリーダンスのWS同様、団体名を知らず、やることもよくわからず参加。
劇場の舞台を使ってのWS。贅沢だ。

テキストがないことには驚かないけど、シチュエーションを決めてから人を配置するのではなく、人を適当に配置してからゆる~くシチュエーションやら利用する言葉(台詞)を決めていく。
人間ってなんて愛しい存在なんだろうと思わせる、何ともおっかしい空間が出来上がっていく。

演出の山下澄人さんという方に初めてお会いしたのだけれど、凄い人だなぁと心底思う。
求めているものが何なのかを説明する時の情熱と丁寧さとボキャブラリーとお人柄。
発想力とか力の入れ方とか、全て。
私も彼くらいの年齢になった時、芯を持って見知らぬ人25人を相手にWSを開けるだろうか。

言葉にならないけれど、この4日間、学ばせていただいている。客席から人の芝居を観ながら。

明日は最終日。怖いような楽しみなような・・・です。
見学もできるみたいですよ。興味があれば上記リンクへ。


どうも今年は・・・
解毒というと大げさだけれど、過去の芝居らしい芝居を抜く為の演劇人に出会っている気がする。
ありがたいことです。本当に。

***

学んだものが6月の公演をするときに活かせますようにがんばりまっしょい。
鈴音工房 朗読×音楽公演「さかのうえの」
6月20と21日 詳細⇒こちら

現在、私の元に曲が次々と届いています。
ふっふっふ。
名曲揃い。相互期待!!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/584-a4739bd7
    この記事へのトラックバック