ざわざわ風に

2009年07月03日 14:41

公演後も仕事というのは山のようにあるのですが、やっと昨日、外部に対してのものがひと段落しました。
相当ホッとしたのか、数ヶ月ぶりに10時間眠りました(笑)
あとはのんびりと記録を待つのみ。
どちらもお忙しい方なので、いい風が吹いた頃に送ってくださるでしょう。
どうぞ無理しませんように。


ひとこと詩の感想を送ってくださった方、読んでくださった方、ありがとうございます。
2009年6月に「さかのうえの」公演に“居た”という印。
書かなかった方は、書かなかったことを選択したという印。
長い時間が経って読み返すと、その時の記憶のきっかけとなるかもしれません。
人によって捉え方は様々だとは思いますが、楽しんでいただけたなら幸いです。



あの。
変な事を書くようですが。

鈴音工房に作品を書く(構成する)とき、自分で書いている気がしない。
自分の主張をしたいとか、これを伝えたいとかよりも、「今」をとらえてそこにヒトが必要と思うものを紡いでいったら、結果として作品になっている。
そんな感覚がずっとある。
(それがヒトに本当に必要かどうかはヒトによるとして。)

だから作品が終わってから、私自身が発見することが多々あり。
今、追い風が私にしか聴こえない感覚でざわざわとしています。
かつてない勢いで。

自身のことを“鉄の女”と言いますが(実際そうでもあります・笑)
その反面、臆病な、怖がりなニンゲンでもあるので(たぶんね)
その、ざわざわとした風に立ち往生してしまうのですな。

風は雨を運ぶのだろうか。
雨は地を潤すのだろうか。
やがて晴れるのだろうか。

公演の時の天気の様に思うのですわ。

まぁどんなに考えても「正解」なんてなくて、勇気を持って進むしかないのよね。
ってことで


スポンサーサイト


コメント

  1. 蘭 | URL | sowQq82.

    No title

    明日から日光・・・

    何もありませんように( ̄Д ̄;;

  2. Ayako | URL | SFo5/nok

    No title

    >蘭さま

    どうぞご無事にi-222

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/613-3083d744
この記事へのトラックバック