ココロウゴカサレル

2009年08月22日 09:19

近所に(そう近くも無いけれど)劇場が出来たので、この春からちょくちょく出かけています。
クリエイションサポート事業というのがありまして、その人たちの斬新な作品と言うか、物の捉えかたに あんぐり しています。

昨日観たのがリクウズルーム「ロマネスク」
速いスピードでのコトバのやりとり。
コトバ自体は会話のような、そうでないような。
ベクトルが見えるような見えないような。
本気で走っている(活きている)のに何故かすれ違っている人々。
現代語のシャワーを浴びながら・・・客席でぼんやりと別のことを考えていました。

23日まで。


***

春にWSでお世話になったFICTIONさん。
そちらの本公演が新宿で先月上演されました。
感想を書こうと何度もトライしたのですが、とうとう一ヶ月経ってしまった。
何と言いますか・・・内容を説明できないのですが、スゴカッタ。
9月に北海道での公演があるらしいので、よろしければ。
公演予告編のサイトがあったので、勝手に貼り付けてみたりなんかして。


北海道、行きたいなぁ。
スポンサーサイト


コメント

  1. kiki | URL | -

    Re: ココロウゴカサレル

    ごぶさたしてます。
    けど、時々拝見してまーす(*^_^*)

    わーディンドンガーがここにも♪

    その節は、サイン追記ありがとうございましたー。
    「タモリを見つけた人」が無くちゃ意味が無いもの(笑)

    ワークショップのDVDに「タモリを見つけた人」が生まれた瞬間が入っていて嬉しかったなー。また来年お会いできたら嬉しいです☆

    公演は、あのあと毎日通って、ホントに日々少しずつ私の中に染みこんできて、おもしろい発見も、熱い発見も、温かい発見も、シーンの数以上にごろごろ無造作に散らばっているのが、とっても新鮮で、とっても山下澄人のFICTIONでした。こんなにじわじわと体感したのは初めてで、今回連日観ることにした作品がディンドンガーでよかったなーって思いました。

    北海道の方にも、めげずに複数回観てほしい。めげずにって…(笑)

    去年の『しんせかい』も、知り合いの人に、いつもと違う…って、説明したような気がする(笑)
    で、今年も、鈴音さんに、いつもと違う…って、言ったと思います(笑)

    えー、じゃーいつもって何???って(笑)

    だから今から言っておきます。来年も、いつもと違います(笑)

    北海道いっちゃうもんねー(*^_^*)

  2. Ayako | URL | SFo5/nok

    Re: ココロウゴカサレル

    kikiさま

    ご無沙汰しております。
    夏は忙しいとおっしゃっていましたが、無事に乗り越えられましたか??

    ディンドンガー、感想(?)書くのに一ヶ月もかかりました。
    こんな舞台は初めてですよ。
    北海道行かれるのですね。いいなぁ。
    あー、いいなぁ(笑)
    来年も楽しみですよね。ご縁があればなぁとは漠然と思っています。

    その前に、今年はあと二作品舞台がありますので、そちらも是非。セルフプロデュースとは違い、客演ですので“いつもと違う”Suzuneが見られると思います♪
    近々詳細をUPしますね。

  3. kiki | URL | -

    Re: ココロウゴカサレル

    旭川、札幌、行ってきました!!!

    北海道の人々の温かい協力が、劇にまた影響を与えているようでした。
    各地、あの世界の演出は変わろうとも、山下澄人の描く世界はじんわりとそのままに会場を包んでいました。

    改めて、新百合ヶ丘のワークショップを体感していたことの重要さをかみしめています。

    札幌の20代の愛い女性劇場支配人の方に、他には観ますか?と聞かれたので、昔は観ましたけれど、今は山下澄人を研究中です。と答えたら、近くに座っていた山下さんが、一瞬鼻で笑ったのを私は見過ごしませんでした(笑) 苦笑いか???(笑)
    私は何を確認したいのだろう。それもまた一つ加わったように思います。

    鈴音さんもお忙しそうで楽しそう。
    何かに向かえる喜びはとても楽しい…ですよね☆

    さー、私はこれから頭の中に詰めこんできたアレコレを巡らせながら、また次の楽しみへ向かいたいと思います。次の楽しみとは…いつのことやら(笑)

  4. Ayako | URL | SFo5/nok

    Re: ココロウゴカサレル

    >kikiさま
    おおぉ。
    北海道へ行かれたのですね。本当にFICTIONに夢中ですね♪
    HPなどで拝見しましたが、現地の方々がとっても温かく迎えてくださったとか。
    作り手にとって宝ですよね、ヒトって。

    こちらは宇宙人sのライブへ行くこともできないまま、多忙な生活がスタートしました。舞台に・ヒトに夢中になるのは幸せですよ。

    次の楽しみを待つのも、また楽しみですね~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/634-95c32c54
この記事へのトラックバック