汽水域

2009年08月26日 21:18

トンネルのような小道をぬけると
200908261431000.jpg
そこは横須賀美術館
200908261338000.jpg


鈴音工房でいつもお世話になっているYumikoさんの師匠、滝波重人さんの作品を見に出かけました。
巨大なキャンバスや立体に描かれている数々の作品。もの凄い迫力。
見ていてわくわくしました。
「汽水域」をテーマにした作品が沢山あるのですが、絵画が魅力的なのはもちろん、立体の側面の美しさにまた違った美しさを発見して噛り付くようにみてきました。

常設展では美術館所蔵の戦後の日本人画家の作品がかなりあり、見ごたえがありました。
日本画の部屋は特に興味く、堪能しました。
広く天井の高い美術館の中でのびのびと展示されていて、本当にいい空間でしたよ。

200908261425000.jpg

ポーラ美術館もよかったけれど、この横須賀美術館もとても良いです。
9月からはクレー展も同時開催するらしく、また出かけたくなりました。



が、これからしばらく大変なスケジュールになり、遠出は無理かなぁ。
詳細は後日。

頑張ります。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/636-7fba0d5f
    この記事へのトラックバック