中野にて

2010年04月27日 23:59

中野のとある一角に劇場が4件も建ち並んでいる。
MOMO・ポケット・BONBON・HOPE。いずれもキレイな小劇場だ。

駅からとことこ歩いてポケットの前を通り過ぎようとしたら、宮崎のまーちゃんとお会いする。
かつて共演させていただいたことがあり、演劇スクールでご一緒に働いた方でもあります。
ポケットで上演しているシェイクスピア劇にスクールの子が出ていて、振付をされたとか。都合がつかず・・・ごめんなさいと言ってお別れする。
ジプシーで共演させていただいた上杉さん・座の先輩の高野さんご出演の舞台とはわかっているのだけれど…(泣)


立ち話したところから7歩くらい。(笑)
HOPEへ。
ワンツーワークス公演「死ぬのはわたしではない」観劇。
1時間40分くらいかな。あっという間でした。
劇団員による公演って、まとまり方が違うなぁと改めて思う。

終演後は円の先輩であり、何度か共演させていただいた 関谷美香子さん にご挨拶。
客席には天才ホテルの小林氏。以前撮影でお世話になったウエダさんも。

帰り道、ポケットも丁度終演したらしく、お客さんがわんさか出てきて。
以前お世話になった内藤さんにご挨拶。

そんな夜の中野。

以下、観劇のネタバレ有。











死刑制度を題材にした舞台。
いい構成だし(本も演出も)中盤 うるっときそうになったり。
が、
後半、何かが欠けていて、肩透かしをされて終わってしまったような。
もったいない!そんな感想を持った。

小林氏は絶賛していたから、私の今日の調子が悪かっただけなのかな。


今日はいろいろあったせいか、加害者・被害者の立場に敏感になりながら舞台を拝見しました。
人間、自由でありたいですね。

観劇してよかったです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/745-59d41e92
    この記事へのトラックバック