好きな本

2010年06月24日 21:05

一週間で単行本三冊読了。夢中になったその本とは!
八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
(2009/05)
高田 郁

商品詳細を見る


花散らしの雨 みをつくし料理帖花散らしの雨 みをつくし料理帖
(2009/10)
高田 郁

商品詳細を見る


想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
(2010/03)
高田 郁

商品詳細を見る


女料理人・お澪を中心にしたお話。
物語はほろりとさせる内容。ところどころにとても美味しそうな和食のシーンがあり、目で味わう小説でございました。
巻末にレシピが載っていました。
今後も追いたい作家さんですね。


そして、こちらもオススメ。
それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)
(2009/09)
吉田 篤弘

商品詳細を見る

上の三冊と同じく、食事シーンが出てくるのですが、こちらは洋食。
美味しそうなスープですこと!!!それから大好きな○○が。
登場人物が、どこか偏屈なのだけれど、愛しい存在で。
物語の街の情景が、今もしっかりと心にあります。
出来るなら、この街で暮らしてみたい、と思わせてくれた一冊です。


***

視力が低下したので、しばし読書はお休み。
がちゃ目はしんどい。
がっ、次に読む本を探している・・・。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/768-3ac1c9d1
    この記事へのトラックバック