子どもと表現と

2010年11月22日 21:42

19日に練馬区の某小学校、4年生へ授業をしてきました。
45分を2クラス分。

3回シリーズのうちの2回目。
1回目は3週間前。ベテランさんリーダーによるシアターゲーム。
2回目は私、あや~んリーダーによるプログラム「小鳥の行方」。

プログラムを組む段階から試行錯誤。
担当者とのやり取りは、凄まじかったです(お世話になりました!)
かなり沈んだ時もありましたが、リハなどで助けられ、本番2日前に浮上して、当日は見事に乗り越えてきました。

45分の授業は、教科書などのテキストがないと、本当に空白の時間なのですねー。
それをどう色づけるか・・・できれば、楽しみながら。
アイディアと、進行する腕ひとつ、です。


一緒にチームを組んでくださったお三方に、様々なアイディアとアドバイスをいただきました。
この諸先輩方は当日の即興力も凄い!さすがは役者・脚本家・演出家!!やっている本人達も楽しかったそうで。
子どもたちにも楽しんでもらえたようで、ホッとしました。
「意思を伝えよう」というテーマを達成できた、リーダーデビューとして上々の授業でした。

今後、より勉強していきたいと強く思った次第です。
関係者の皆様、ありがとうございました。

次回は26日の最終回。こちらも頑張ってきます。


さてー
数年前に厚木のミュージカル演出時にお世話になったアーティスト・小塚ツルギ氏。
NPO法人 表現ラボを立ち上げたそうです。
年末に公演を打つにあたり、稽古が始まるそうで。
28日の稽古に、心と体をほぐしに、お手伝いの講師(?)としていってきます。
担当時間は1時間。小・中学校生を相手に、思いっきり遊ぼうかと。
学校と違って、少人数。
どんなプログラムにしようか、考え中。 楽しみです。
うっしっし。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/816-435c9224
    この記事へのトラックバック