東京 東側

2011年01月31日 22:32

たぶん東側…(方向音痴だから自信がない)

日曜日。
清澄白河から現代美術館へ。初の建物。久しぶりの現代アート。
最終日とあってか、チケット売り場には長蛇の列。
いただいたチケットを手に、入り口へ。。。
最近受けているアゴラのWSでも痛感しているけれど、それ以上に こんなにも違う視点をもった人たちが、同じ世界にいるのか!? と思いつつ、受け入れられない表現も多々あり、じっくり見ることなく後にする。

その後駅前のハネカフェへ。空間はいいけれど、味はふつう。

両国へ移動して、キンダースペースの「新・牡丹燈籠」を観劇。
「ジプシー」で共演予定、怪我で降板したsさんが、シアターXの舞台に立つというので“これは!”と駆けつけたのでした。
演じている元気なsさんを観て、何だかホッとしました。(お疲れ様でした!!!)
芝居の内容は、よく構成された本だと思ったけれど、かつていた劇団の影響か、声の艶と明かりが好みではなかったなぁ。
とはいえ、2時間5分の芝居を楽しませていただきました。

移動時間に古本屋で購入したこちらを読書。
陰翳礼讃 (中公文庫)陰翳礼讃 (中公文庫)
(1995/09)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る

しおりだと思って挟まっていた紙が、1993年に某短大演劇部が上演した横内謙介作「夜曲」の古びたチケットで。
どんな人がこの本を持っていたのか思いを馳せましたさ。


帰宅してまた「hanauta」の台本をパチパチと。
深夜にラストまでいったので、今日は演出を含めたト書きやら、細かな(苦手な)作業がスタート。

明日こそは、整体へ、、、行けるか?
あぁ、花粉が飛び始めた…(T_T)

自分に負けないっ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/853-ea6a3884
    この記事へのトラックバック