学芸会の指導など

2011年10月27日 23:50

先週と今日の二回、M中学へ学芸会の指導へ行ってきました。

私が受け持ったのは3年生の二クラス。
当日会場にもなる体育館にて。

表現教育だと、結果も大事だけれども、過程をとても大事にする。
学芸会となると、どうなのだ?と自問自答しながら学校へ伺った。
生徒への挨拶で、「指導というより、お手伝いに来ました」と正直に言う。
ついでに「あや~んと呼んでください」とも。
生徒や先生がガクッと脱力した瞬間がそこにはあった(笑)

二回目の今日、学年主任の先生に、「あや~ん、こんにちは」と声をかけていただいたり、帰りがけにベランダにいた生徒から「あや~んだ!」と呼んでもらったのはとっても嬉しかったです。


大人であれば商品を企画・開発・宣伝・創作・発表をする過程を、学芸会の演劇発表を通して、彼ら・彼女たちは先輩たちの背中を見た記憶で、自分たちの力で立ち上がろうとしている。
それを担任を中心に、学校中の先生方が見守っている。
きっと生徒のご家族も!
これはすごいことだ。

そんな中、私がやったちっぽけなアドバイスは微々たるものだと思った次第。
本番は、稽古のため観に行かれないけれど、どうか実力を発揮して欲しいと願うばかりです。

フレーフレーっ!!!


***

先日伺ったe小学校での表現教育、学校のHPでご紹介いただきました。
みんな元気かなぁ。
H23年10月20日の記事です>>こちら

スポンサーサイト


コメント

  1. まぁちゃん | URL | OARS9n6I

    Re: 学芸会の指導など

    >大人であれば商品を企画・開発・宣伝・創作・発表をする過程を、
    >学芸会の演劇発表を通して、彼ら・彼女たちは先輩たちの背中を見た記憶で、
    >自分たちの力で立ち上がろうとしている。
    >それを担任を中心に、学校中の先生方が見守っている。
    >きっと生徒のご家族も!
    >これはすごいことだ。

    これを大人に伝えて理解していただくのがWSDの仕事なんだろうね。

    キャシャーン! もとい あや~ん!

  2. あや~ん | URL | SFo5/nok

    Re: 学芸会の指導など

    >まぁちゃん

    今日、WSDと打ち合わせしつつ、和文和訳出来ない自分にいらっとしたよ。
    キャシャーン!頑張る~(^^)

    あや~ん

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/937-b2863168
この記事へのトラックバック