ノーミス‐稽古場より

2011年11月17日 23:49

マメラボ。の稽古が続いております。

先日の通しにはお世話になっているprayerさんが、今日は共演者三人のお知り合い、お二人が観にいらっしゃいました~。
ありがとうございまーす。

演劇って、観客がいて初めて成立する。
創り手は飽きるほど、腐るほど、いえいえ、穴が開くほど読み込み、稽古したお話。
観客はそれを初めて聴き、観るわけで。
息をのんだり笑ったりして下さる空気も一緒に紡いで「作品」が立ち上がる。
その瞬間がーーー

すき~。

と改めて思えた貴重な時間でした。


今日の目標はノーミスと引きの感覚。
段取り的にノーミスはクリア。
ハジメマシテさん二人を前に少し緊張したため(それも面白かった)、引きの感覚は明日も継続。
明日の最終稽古は、歌に重点置いてやってみよう。
あ、スタンスも継続だ。

20日の「エトワール音楽会」の他の出演者(小さなピアニストたち)も追い込みしているそうな。
私も頑張るぞ~。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://suzunekoubou.blog37.fc2.com/tb.php/944-3d4920e3
    この記事へのトラックバック