場所と大きさと

2017年02月11日 21:39

疲れ切った身体に鞭打って、朝から知らない街で演劇をみる。
純粋な人形劇を見るのは、初めて?小学生以来?かな。

ホールの客席使いを限定して魅せた小さな人形の「メヌエット」。
このスペースでこのサイズかいっ!と突っ込みたくなったが、
素敵な作品だった。カフェで観たいなぁ。

幕の中に移動して観た「ねずみ女房」。
いい作品なだけに、客席に段差が無くて、見づらいシーンが多々。
現場での都合はあるのでしょうが、嗚呼もったいない!
原作と脚本の比較をやってみたいなぁと思う作品だった。
人形劇の役者の声量への疑問、歌う時の姿勢による音程のずれ、
そうなる理由があるのだろう。
舞台セットの中でどうやっているのかなぁと気になった。

知らない世界を覗く事、先輩方の現場で観て学ぶこと、本当に刺激的だ。
面白かった。
客席には先生やら共演者やら。
劇場で本当によくお会いするKさんとお話する。でへ。

約一ヶ月ぶりにコーポリアルマイムの稽古へ。
鈍った身体に鞭を打つ。
仲間の一人が遠くへ引っ越すそうで・・・寂しい。

下北沢で息抜き。
駅前で演劇祭の某劇団のコンサート。
野外での程よい長さ。ホッカイロ配るあたり、心遣いが嬉しい。
半袖の出演者や、チラシ配っているスタッフさんの方がよっぽど寒いでしょうに。

午前に見た人形劇はとても繊細。コンサートはエネルギー放出観満載!
どちらも演劇。それ以外も演劇。ほいほいっと。

帰宅してアボカドをわさび醤油で食べる。
エネルギーチャージして明日も頑張る。
それにしても「ねずみ女房」に出てくる亭主はサイテーだった!

IMG_1812[1]

おしまいとはじまり

2017年02月07日 19:57

ここ数年お世話になっている「劇作講座」の発表会が先日行われました。
講座で書くのは昨年に続き二作品目。
去年はトップバッター、今年はオオトリ・・・。なんじゃこれ。

写真が横になりましたが・・・。
IMG_1806[1]
あ、プログラム横のおやつはいただき物という名の愛です。

今年は講座的にも私的にも余白のないスケジュールで、
過去一番の難産でした。
15分の段取り合わせのみで、ゲネなしで本番。
読んでくださった13名の役者陣に拍手を。
温かく見守ってくださった講師陣に感謝を。
アドバイスを下さった仲間、当日駆けつけて下さった仲間に握手を。(いらない?)
そしてお客様に感謝。

人に読んでいただき始めて客観視できたわけで、
説明的過ぎる部分を修正したい、改稿するぞと思いましたとさ。
何が一番緊張するかってさ、
この講座では、作家がリーディングの段取りをざっくりするのです。
通常演出家(時に舞監)がする場当たり段取りの仕切り。
これが一番苦手。つくづく演出家には向いていないと思う。
また、
講座の運営上、まだお会いしたことのない役者やよく声を存じ上げない方をキャスティングするというギャンブル。
昨年に引き続き怖かったなぁ。

役者として3作品に出演させていただきました。
リーディングなのに、コーポリアルマイムを少し応用して遊びつつ…日々の身体づくりは重要だなぁと痛感。

IMG_1807[1]
あ、こちらも差し入れという名の愛です。その他にもおやついただきました。ごちそうさまでした!

執筆作業は孤独なもので、作品にはどう抑えても自分の世界観があふれちゃうわけで、
それが外部へ触れたときの反応というのはどうにも面白い。怖いけどね。
思い返せば悔しい思いもあるけれど、
率直なところを話してくださる作家先輩や仲間がいることを今回ほどありがたく思ったことはなく、
孤独だけど孤独じゃないのだなぁと思った次第。
一人で書けるようになりたいもんだ。いや、書いているか・・・。
明日もガンバロウと思ったのでした。

関係者の皆様、お疲れさまでした!


リーディング告知

2017年02月02日 22:28

詳細がわからないので、告知しづらいのですが。

2月4日17:00~21:00 プーク人形劇場・地下のホール@新宿駅から徒歩7分
劇作講座のリーディング発表会があります。(無料)

自演協主催の劇作講座。
ここ数年受講させていただいているのですが、作品発表は今回が二作目。
40分くらいの作品を書きました。
また、、他人様の作品で出演もある・・・かもしれません。

今年は体制が変わって、しばいの大学の一部の授業としての扱いとなっていまして、
外部からの受講生として参加させていただきました。
なんせ、
毎回のレッスン時間がなく、トライできる時間が例年に比べて3分の1?4分の1??
そんな状態でも締め切りは来るわけで。
さてはて。
全体で何作品あって、自分の作品が何番目か明日の夜に決まります。
他人様の作品のキャスティングも明日の夜です。

台本数冊を前日夜に渡されて、翌日昼にはゲネ。夕方には本番です。
役者にとっては過酷な日。
役者だけならともかく、作家と役者兼ねて皆やるという、過酷な・・・。
しかも台本修正が入るかもしれないという恐怖も。

ああ、喉が持ちますように。花粉がとびませんように。眠れますように。寝坊しませんように。
でも本当は、
実のある時間となりますように、と思っている。



メキメキ

2017年01月13日 00:17

正月明け早々、2~5時間睡眠を一週間ほど続けて、第一稿を提出。
あ、劇作講座の台本の話です。
絶対に、締切までに提出するんだ。
寝不足の思考はやがて執念になるのでしょうかね。
それでも想像の翼を何とかパタパタさせて、(バタバタかもしれないけれど)
締切当日の朝4時に提出。

講座へ行きました。
都合で遅刻して行ったのですが、片っ端から読み合わせしていました。
沢山の人が短編を書いてきていました。
途中までで提出されていた人もいました。
私のは、長編なので、読んでもらえませんでした。

寝不足の思考回路は停止するのですね。
締切に死にそうな思いをして書き上げたのに、読まれもせず、講評もなく、何だったんだ、と。
サボることも、途中で放り出すこともしない私は、本当に不器用だなぁと思ったのでした。
締切がすべてじゃない。
結果は劇に関わる人たちとシェアできる物語にある。
リーディング本番は2月とわかっているじゃないか。
だから、
めげずに前へ進もうと思えたのは、9時間睡眠をしてお肌が少しつやつやした本日の朝のことで。

ろくでもない台本書いて、がんばりましたといきがっていた自分がすごく恥ずかしくなってしまったのでした。

本日昼、レッスンへ行って、ガチガチの身体が思うように動かなくて、
ミシミシというより、メキメキと音がするようで、びっくりし、
頑張り方を間違えていたと反省し、
整体の先生のところへ飛び込んだら、
カーテンの向こうに知り合いの俳優さんがいて、
ああ、身体のメンテナンスしながら頑張っている人はいるんだよなぁと
自分に鞭しか打たなかった自分に恥ずかしくなり、

これを書いている今は、
若干、揉み返しがきているという・・・。

私は、私を脱ぎ捨てたい。
それでも日々はやってくる。
とりあえず、メキメキする身体を脱出したい。
正月明け早々に何やってるんだか・・・。

徹夜

2016年12月22日 22:49

珍しく、徹夜をした。
終電で帰宅して、ご飯食べたりお風呂食べたりして、
ちがう、
お風呂入って、
仕事の頭を切り替えてから書き始めたのが3時前。
気が付いたら夜が明けていて7時。
8時位に書き上げて、プリントアウトしてチェックして、メール提出。
・・・仕事じゃないのだよ。
講座での戯曲プロット(最終版)の提出なだけなのだよ。
今月入ってから本当にバタバタ・・・というかイライラしていて、
締切間際で徹夜。
学生時代ですらそんな事やらなかったのにね。
何でそこまでしてやるか、よくわからんが、
「書くのだ」それしかなかったのだよね。
見たことのない複雑な設定に、また悩むのだろう。
忙しい日々はまだ続くけど、1月頭に第一稿提出。
頑張りましょ。
想像力の花を、忙しさを言い訳にして枯らしてなるものか。

うわ~、
年賀状準備まだだよー。
サンタさーん、プレゼントいらないから肩コリなくしてください~。