集中をどこにもっていくか

2018年05月04日 01:22

GW、いかがお過ごしでしょうか。
いろいろとイベントのお誘いを頂いた中、どれも選べなくて、
いつも通りレッスンへ向かいました。(不義理ですみません)

ここ数日の疲労が半端なくて、
9時間睡眠をしてからのレッスンは
非常に集中力に欠けて、
一人だけ向きを間違えること複数回。
情けないを通り越して笑うレベルでした。
まぁそんな日もあります。

レッスンへ向かう電車内でたまたま座れまして。
目を閉じて眠ろうとしたら、
隣の人が眠って寄りかかってきたのですわ。
普段だったら嫌がって肘を張るなどしますが、
とても肩ががっちりした人だったので
同じ力量で押し返したらどうなるのかと実験しました。
面白いくらいのバランスでしたね。
眠る人の力量は電車の揺れも手伝って変わるので
押された分、瞬時に同じレベルで押し返す。
そんなトライをしていた変な人です。

帰りの電車は夕日がきれいで。
ずっと見ていました。
遠くに視点を集中させるのも時には必要ですな。

さ。約10日後になりました。
大人の部活動「からだ部」でファシリテーターを30分ほどやらせていただくことになりました。
5月13日(日)18:00~@池袋
詳細は下記のフェイスブックのイベントページをご覧ください。
大人相手のWSは久しぶりでして、といってもやりたいことは山盛りでして。
質感に集中して遊びたいなぁと考えています。
(変わるかもしれませんが)
部長からお誘いがあってから、実はすっごく楽しみにしているのでした。
ご都合合いましたら、是非一緒にあそびましょう。
(ダンス経験や演劇経験は関係ありません)


イベントページ⇒コチラ

ファシリテーター、復帰第一戦。

2018年04月18日 22:53

丸三年、ファシリテーターのお仕事をお休みしておりまして。

本日、復帰第一戦。
都内某高校にてWSをさせていただきました。

第一戦っていっても、戦っていませんけどね。
行くまで本当に胃が痛かった・・・。神経細いのは三年前と一緒ですな。
四年前にも同じWSを行った懐かしい学校でして。
入学したての一年生は、きらきらしててまぶしかったです。
コーディネーターや他のクラスのファシリテーターはあったかーく、
何より、復帰させて下さった堀部さんに感謝です。

IMG_2107.jpg

ファシリテーター時に使用していた時計が年始に壊れてしまい、
今日からスタートの腕時計。

さあ、良き時を、刻みましょう。

からだ部入部

2018年04月08日 22:47

今年に入って遊びに行っている大人の部活動「からだ部」。
主宰の青剣さんにお声掛けいただき、部員になりました。

ひとりもの かたり部

を立ち上げ、その名の通り、もの かたって います。

http://www.karadabu.com/

色んな方がひとり部活動していますので、よかったらサイトを覗いてみてくださいな。

花吹雪

2018年03月29日 23:48

桜満開。

笹塚でレッスンを受けた後に
びゅーんと渋谷へ。岡本太郎の画にこんにちは。
だるい足を引きずって東横線に乗車。
電車に乗ったまま中目黒駅停車時に満開の桜と人ごみが目に入る。
横浜で劇作講座でお世話になっている西上さん脚本の作品を観劇。
人形劇。
舞台美術の青空に癒される。

最近色々と環境が変化していまして。
3回しかお会いしていない変な人(自称)から依頼が舞い込んだり、
ファシリテーター再開の準備をしていたり、
以前所属していたところへ戻ろうとしていたり、その他いろいろ。
割と籠って活動している事が多いので、
一気に交流範囲が広がると、気が焦ると言いますか、慌てると言いますか。
ココはひとつ冷静に、なんて思う自分も居まして。

横浜で珈琲飲みながら、気持ちの整理をした帰り道。
満開の桜の夜道。
気持ちよくロングコートなびかせながら
上むいて歩いていたら、
強めの夜風に乗った花びらが
バシバシと顔面に当たりまして
痛かったっす。

春ですなぁ。

ムーブメント

2018年03月01日 22:32

昨年からの流れで、身体を使ったコミュニケーションワークやコンタクトインプロなどのWSに参加させていただき、
私が捉えているムーブメントがようやく見えてきて、
もう少し追求したいと思う日々。
結構な時間とお金を投資しているので、何のためにやっているか何度か自問しているが
毎度答えが曖昧。
次回の演出や振付のため?
それは後付の理由なんだ。

気になったから。

演劇を始めた理由もそうだった。
飛び込んで吸収して乗り越えて
いつか形になるのでしょう。

学ぶ場や人に出会えたことがただただ嬉しい。
そして、それをシェアできる仲間がいることもありがたい。

毎日、毎日、駅の階段を登る。降りる。
身体の調子は日々異なる。
受け入れて、階段を登る。降りる。

シンプルな事が面白い。日々精進したい。